Saving all my machines その2(6代目:NEC MC-K1〜10代目:NEC PC-9821Nr15/S14F)
 
6代目('96/09 - '08/02)
NEC MC-K1 (CPU:Intel 80486 ?MHz memory:650KB) '96/04発売
MC-K1s.jpg MobileGearと呼ばれる、NECがなりものいりで出したモバイルPCの第一弾。
 調度、私がいい電子手帳を探していたおりにNECから発売となった機械で、キーボード の打ちやすさ、付属ソフトの洗練された使いやすさが、その特徴。この機械をきっかけにモバイルPCの潜在市場に火を着けたような格好となっている。
 '00/08に液晶表示と本体部分の間の蝶つがいがはずれてしまって、我が家の現役を引退したが。なんのことはなく簡単に自分で修理出来た。
 主な使用ソフト:PC-DOS6.21(ROM-OS)、UniShell(統合)、UniExitShell (OS付加機能)

7代目('96/09 - '02/03)
IBM TC-100 (CPU:Epson SMC88112 1〜4MHz memory:128KB) '95/05発売
TC100s.jpg 「日本IBM、電卓市場に本格参入か?」と報道された。最後まで理解されなかった、たった37gの奇妙なコンピュータ。
 時計を修理に出していた時に、時計代わりに持ち歩いていた。しかし旅行途中の「雲辺寺スノーパーク」でスノーボードの最中になくしてしまった。勿体無い。もし拾われた方がいたとしても、これまた使いにくい電卓としか理解されないんだろうなあ。

 
8代目('96/10 - '03/07)
NEC PC-H98model70-100 (CPU:Intel 80386 33MHz memory:3.6MB) '90/02発売
PC-H98s.jpg 行きずまりつつあったPC-9801シリーズの後継機として登場した、拡張性に優れたNESAバース搭載機(PC-H98シリーズ)の第一弾。ハイレゾモードの存在がかなしい。
 6代目のMobile Gearとのデータ交換の為だけに購入。DOSモードでの24ドットフォントが美しいので、わざとソフトの少ないハイレゾモードで文章を書いたりした。また、ノーマルモードのDOSからでもWindowsで使うときは、ハイレゾモードのビデオカードを使える所は粋なところ。
 最後はオークションにて5000円にて購入していただきました。
 主な使用ソフト:MS-DOS3.3D(OS)、MS-Windows3.1(OS)、MobileGearStation(MobileGearとの通信)、TERM(通信)

 
9代目('97/07 - '08/02)
IBM VW-200 (CPU:Epson SMC88112 1〜4MHz memory:128KB) '95/11発売
VW200s.jpg 度肝を抜いたTC-100の実用機、見えるディスケットを目指したとか。
 現在、会社で電卓の代用として使用中。見た目が携帯電話に近く、見る人に「小さい携帯電話ですねーー」と言わしめる不思議なパソコン代用電卓と化している。

 
10代目 ('97/08 - '03/07)
NEC PC-9821Nr15/S14F (CPU:Intel Pentium 150MHz memory:128MB) '96/11発売
PC-9821Nr15s.jpg かつて国民機を誇ったPC-98シリーズの最後から2番目のノート型機。
 実家がいらないというので貰ってきた機械。8代目(PC-H98)からMobileGearとのデータ交換の役割を奪った。その際には赤外線通信ポートもデータカードもその役にぴったしだったが機械の利用率は意外と低かった。ところが、インターネットの無料プロバイダーに契約してからというもの、利用は毎日となっていた。
 へービーユースには向かず、オークションにて5350円にて購入していただいた。
 主な使用ソフト:MS-Windows98(OS)、MobileGearStation(通信)、FileMaker5(DB)、一太郎Ark(ワープロ)、Netscape6.1(通信)

 
次へ
 
Calculatorへ戻る Homeへ戻る
inserted by FC2 system